離職防止としてできること

現在離職の増加は大きな社会問題になっています。

せっかく人材を確保したのに、簡単にやめられるのは非常に困ることです。もちろん簡単にやめているわけではないはずですし、それなりの事情があっての決定です。そもそも離職率の増加の背後には雇用環境が万全でないことが関係しています。厳しい肉体労働で勤務時間も長いにもかかわらず、それに見合った賃金が得られていないと感じることで離職という選択に至るようです。

結局のところ雇用条件が想像以上に悪いこと、とりあえず働いてみたけどやはりきつかったというケースもあります。残業するよう圧力をかけられたりすることも、離職に繋がっている状況です。どんなことが離職防止につながるでしょうか。雇用環境の改善を図ることと、働きやすい職場造りが鍵です。雇用環境には福利厚生の充実や賃金アップなどが関係しています。簡単なことではありませんし、そのために多くの調整が求められます。

離職防止には働きやすい職場づくりが欠かせませんが、どんな立場の人でも働けるような職場にすることを意味します。業務や売り上げよりも人を優先させるなら離職防止につながるでしょう。子供がいても順応に対応してくれる職場ならきっと長く働いてくれるはずです。反対に早退や遅刻のたびに、皆が迷惑そうな顔をするなら働きにくく感じることがあり離職へと繋がります。子供がいても社会に迷惑をかけてはならないという、誤った固定概念が原因です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *