人の離職防止のために大切なこと

人が「この場所でずっと働きたい」と思うのは、その職場が居心地がいいものであるときではないでしょうか。

待遇や仕事内容の質等色々な条件があっても、結局のところ単純にそこが居心地のいい空間であるということが、働く人の離職防止につながるはずです。それにはその場の見た目のデザイン性なども大切ながら、最も大事なことは何かと言えば人間関係の居心地のよさということになってくるでしょう。居心地の悪さというものを作るのは結局は人同士のいざこざなのです。

環境条件などの無機質なものからのストレスより、同じ人間からのストレスというものが、力関係が五分五分であるためになかなかすっきり解決させられず、得も言われぬ気分のまずさとなり、人をその場から離れたくさせるのです。従って離職防止のためには、職場の人間に対する健全な空気を保つということが非常に重要なことになってきます。人は弱いので、そのようなことを特に心掛けなければ、何か失敗したなどのネガティブな因子が生じたときにすぐにその気分に引っ張られ、いい空気感を作れなくなります。

ですのでリーダーに当たる人などが、意図的にいつも場を前向きで互いに友好的なものにしておくことが必要です。誰かを叱咤してそのように差し向けるのではなく、そのようなものに自然に、自力でいつでも作り変えられるのが理想的です。そのようにして場が居心地のいいものになれば、多少他の条件が充実していなくても、皆何となくいつでもここにいたいというような気持ちが湧くものであり、離職防止が叶えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *