現代の若者と離職防止

最近の若者はすぐ会社を辞める、と言われて幾年月。

現代の会社に求められるのは何なのか、永遠のテーマかもしれませんが最近の傾向から分かって来るものもあります。むしろこれまでが厳し過ぎたのでは、という発想の転換が必要かもしれません。年功序列、終身雇用の傾向が残っている企業は、どうしてもサラリーマンはその会社にしがみついて生きる物だ、という考えてしまいます。そこに残る問題はいくつかありますが、雇用層の老害化も一つです。

とにかく長く居る人が偉くなっていく。新人がそういった、特に優秀でない人に対して不満を抱いた時、それを解消出来なければすぐ辞めていくスパイラルを逃れられません。離職防止にまず必要なのは若者の側に立って考える事なのではないかと思います。それにはまず新人と接する者の年齢層が重要です。一年先輩に教えてもらうというやり方はいくつかの企業が採用しているものですが、非常に有用でしょう。

優秀でないのに偉そうな人たちに不満が残る環境になっている場合、その先輩に不満を話す事でストレス解消になり、離職防止の効果が認められるかもしれません。全ては人徳の話ですが、その人徳がない人が多いのがこの問題の根本なので、性善説では語れない部分なのが難しい点です。もう一つは早い段階での昇進でしょうか。昇進と言っても形だけのものでもいいのです。そして本当に少しでいいので昇給と絡めてしまう、そうすると新人はせっかくの昇進をもったいなく思って、簡単には辞めなくなります。それも一つの離職防止策でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *