離職防止のための対策

最近では転職活動をしやすくなり、新卒で入社した会社にずっと継続して勤務するのでなく、数年ごとに転職しながら職業を変えて行く人も多くなっています。

また、共働きの夫婦も増える中で、子育てや介護などを行う必要がある際には、家のことに手が回りきらずにそれを理由に退職を考える人も多いようです。さらには日本では少子高齢化が進み、労働人口自体が大きく減少傾向にあるため、労働力の確保が難しくなってきている状況です。そのような背景の中、離職防止の対策を行うことが非常に大事な局面に来ています。何故なら、会社で新たに働き始めると、それなりの教育が必要になります。

新入社員であれば、ほぼゼロの状態からなので研修などをたくさん実施しますし、中途採用の場合にも仕事を覚えてもらうためには誰かが付いて教え込む時間がある程度必要になるでしょう。そうやって時間をかけたのにすぐに辞めてしまっては、会社としては教育にかけた時間が勿体ないです。離職防止の対策として、まずは身近に出来ることはコミュニケーションの強化です。

以前であれば飲み会でしたが、それは喜ばれないことが多いため、社内で横断的にコミュニケーションをとる機会として、任意参加の社内パーティーを開催したりすることが有効です。社内で仲間作りをすることで、何か困った時にも相談相手が出来て、辞める決断をする前に辞めなくて済む方法を考えられるようになるかもしれません。また、愛社精神も高まるので離職防止に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *