離職防止に効果的なマニュアルとシステムの導入事例

会社を運営していくには、優秀な社員を入れることが重要視されており、どのような業界でも仕事のできる人材は貴重です。

貴重な社員を雇い入れた場合でも、会社によっては短期間で退職に至るという事例も多く、人材集めに常に苦労する会社も全国各地には数多く存在しています。離職防止を徹底するには、基本となるマニュアル作りも効果があり、社会人としてのルール作りは勿論のこと、常に正しく労基法を守った環境作りをするためのマニュアルも大切な要素です。

今までは残業をすることが当然のことのように、定時で帰宅するにはかなりの勇気が必要な職場も実在しています。先輩方に習って仕事が無いのにいつまでも会社に残っているような働かせ方は全てを一新することが急務です。時間外労働分の給料を適切に支払っていれば許容される場合もありますが、残業代を支払っていない会社は大問題です。時折テレビニュースで複数名のまとまった社員が集団訴訟を起こすことも報道されており、脱法状態で経営をしていると後に莫大な残業代を一気に支払わなければならなくなり、会社の資産を失ってしまい、最悪な場合は会社運営を継続できない状態に陥る可能性もあります。

離職防止は労基法に準ずる規定をマニュアル化し、それを徹底して管理することが求められます。社員ファーストな会社の場合では最初はコストが掛かっても、それ以上のリターンを期待することができます。比較的新しい離職防止方法では、給料の前払いシステムの導入などもあり、社員の生活を会社側が支えるというシステムは非常に有能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *