離職防止に有効な3大施策

企業がその拡大のために人員を増やすのは、よく知られています。

一方で、社員の離職防止に力を入れていることはあまり知られていません。その理由は、前者は目で見て分かることであるのに対し、後者は秘かにというより社員がそれとは意識することがあまりないからでしょう。どちらが重要かを比べることにはあまり意味はありません。ただ、社員が会社を辞めないようにすることは結果的に求職者へのアピールにもつながり、施策を打つ効果は大きいといえます。

では、離職防止にはどんな方法があるのでしょうか。なによりも効果が期待できるのは、ホワイト化です。残業は基本なし。ハラスメントもノルマもなし。加えて、高報酬となれば、入社希望者はいても辞める人はほとんど出ないでしょう。次に昨今、急速に普及しつつあるテレワークを認めることも離職防止に効果的です。離職の理由には、ライフステージの変化も少なくなく、例えば子育てや介護が離職理由なら、テレワークによって解消が可能になります。

副業を認めることも離職防止には有効です。なぜなら、特に優秀な社員の場合、自分の可能性を広げるために外の世界への興味が強い場合も多く、その結果転職する場合する場合も珍しくありません。そのバイタリティーを副業を認めることで分散するのです。企業が社員に譲歩するような印象もある離職防止。しかし、もはや終身雇用制度は有名無実化しており、「雇ってやっている」というスタンスでは社員はどんどん離れていきます。だからこそ、社員が辞めないようにあの手この手の施策を打たなければ衰退こそすれ、発展は望むべくもないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *