給与の日払いは短期のバイトに多い

正社員で働く人や契約社員で働く人などは固定給であったり、ちゃんと働く期間を決めて勤務するものなので、給与が日払いになるいということはないでしょうが、短期のバイトであれば比較的給与が日払いということは多いです。スーパーやホームセンターの棚卸などでは短期間しか雇わないことがほとんどですし、場合によっては1日だけの雇用になることがあります。そうした時は給与は日払いの対応にしていることがあります。同じような仕事を求めたとしても、また次にいつ仕事が入るかわからないですし、その時には呼んでもらえないかもしれないですし、他の人がすでに決まっているかもしれません。

そうした時は雇う側もいつまでも未払い状態になるのが嫌なので、給与日払いをお願いされることが多いでしょう。そして給与日払いの時は銀行振り込みにしてもらえることもありますが、少額の場合や大抵は手渡しになることが多いです。手渡しの時は受け取り確認として印鑑やサインが求められることも多いので、ちゃんと領収書が欲しいのであれば印鑑なども持って行ったほうが良いです。特に一日の日給が高額になるような時は、確定申告が必要になることもあるので領収書などの証明というのは後々で必要になってしまうこともあります。

その日にお給料がもらえることで満足してしまうこともありますが、ちゃんと収入を得た証拠や証明となるものがあるのであれば1年は残しておくようにもしていくことが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *