フリーランスでマイホームを購入することは可能?

フリーランスの人でも、マイホームの購入をすることは可能です。銀行の住宅ローンの商品ページで、「自営業の人でも可」と書かれていたら、申し込みはできるということです。もちろん、一括でマイホームを購入してしまうのであれば、住宅ローンを組む必要はないので、基本的にはだれでも購入ができます。弁護士や医者などの、年収が高いイメージがある職業に就いている人でも、自営業とか、フリーランスという雇用形態で働いていることがあります。

そういった職業に就いている人も銀行は対象にしているので、「自営業の人でも可」と書かれていても、実際には安定して高い収入を得ている人だけを対象にしているということもあります。一般的には、フリーランスの人は収入が不安定なので、ローン審査では不利になります。住宅ローンの審査に通るためには、安定した収入を得ているということを証明する必要があるでしょう。最低でも2年分の確定申告書などを用意する必要があります。

年収は600万円、500万円、400万円というように下がっていると、イメージが悪いです。逆に、300万円、400万円、500万円というように上がっていると、事業が順調に行っているという良いイメージがもたれます。個人信用情報に傷がついていないことは、ある意味で絶対条件となるでしょう。フリーランスの人はビジネスローンを借りているという人も多いと思いますが、延滞には気をつけておきましょう。

最後の手段として、頭金を多めに用意するということがあげられます。頭金を3割以上用意することができていたら、審査に通る可能性もそれなりに高いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *