就活で内定をもらえない人とは

就活でなかなか内定を取れない人には、いくつかの共通点があります。まず準備が足りないことです。就活における準備とは企業の情報収集と、自己PRの2つに分けることができます。企業の情報を雑に調べていると、面接官に会社のことを聞かれて何も応えられない恐れがあります。

また調べた情報ではなく、企業のイメージで面接を受けるのも危険です。少なくとも企業のホームページや説明会で配布された情報は把握しておきます。可能ならばその企業が提供するサービスを実際に利用すると良いです。調べても足りない部分は、インターンやOB訪問、説明会、一次面接で知識を深めます。

自己PRは、面接官の興味を惹きつけることが大切ですが、準備した人とそうでない人では差が大きいです。話が薄っぺらくなったり、しどろもどろになって話が上手くまとまらなかったりします。本番では緊張して、いつも通りのコミニュケーションができないことがあるので、志望動機や自己PR、学生時代に力を入れたことなどは事前に話す練習を行います。次に内定をもらえない理由を考えない就活生も多いです。

志望動機の書き方など、正しかったのは第三者にチェックしてもらう人は、失敗を次につなげられるので常に向上しています。選考で落とされると、自分に合わない企業だと思いやすいですが、連続して落ちる場合は自分の方にも何か問題があります。自分の学歴を異常に過信する人や、就活自体を間違ったものと見なす人に多い失敗です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *