就活でやっておくと便利なこと

就活はたいへんな活動です。提出用の履歴書の作成、企業によっては履歴書の他にエントリーシートの作成もあることがあります。さらにはSPIや一般常識のテスト、複数回行われる面接、面接で企業に伺うための交通費など、就活は多くの時間とお金を消費します。書類作成も面接も大切なことですが、就活において、こちらが受ける企業のことを調べるのは基本的なことです。

忙しいと、インターネットだけで情報を仕入れることが多くなります。しかし、忙しい時間の中で、その企業の製品やサービスに触れる時間を作ることも大切な就活の一つです。特にメーカーや様々な場所に店舗を構える企業は、実際にその企業の製品、サービスに触れ、面接で話せるようにしておくと、好印象です。面接の中で、製品や店舗についての質問をされる確率は高いです。

そこで、製品や店舗を利用し、自分なりの意見も質問の中で述べられるようにしておくと良いです。そうすることで、自分がその企業に対し関心を持っていることが相手に伝わりやすくなります。また、画面上ではなく、忙しい時間の中で、足を運び実物に触れたということは、熱意があることも伝わりやすくなります。非常に労力がかかる就活だからこそ、地道な行動で、企業に関心を抱いていることや、熱意があることを伝えることは重要なことでしょう。

お金も時間もかかる活動だからこそ、急がば回れということわざに習った行動をするのも、また、一つの手ではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *