就活で大事なのは謙虚な心

就活で最も大事なことは、募集先企業に採用してもらいたいと願う謙虚な心です。ある程度の仕事の実力を持ち、経験も十分な人が、なかなか採用内定にこぎつけないことがありますが、こうした場合、多くの就活者は、その企業の採用担当者に見る目がないと判断してしまいます。実力と経験、そして自分に自信があると思うから、そういうことになります。しかし、このことは、面接試験などの場合も、挙措動作や言葉のやり取りのどこかに現れるものです。

自分はそのようなつもりがなくても、面接官は長年の経験で読みと取ったり、かぎつけたリします。そして、その態度は、言葉を飾らないで言えば、横柄という受け取り方になります。そうなると、採用内定には至りません。したがって、就活では、どんなに実力があろうと、豊富な経験があろうと、確固たる自信があろうと、その企業に採用してもらいたいという謙虚な心で臨むことが前提条件になります。

見方を変えると、本当に実力があり、経験も文句なし、自信もある人は、素直な態度であるので、接した人に好感を与えることが自然にできます。中途半端な実力・経験・自信の場合は、中途半端をカバーしようと思う気持ちが、偉そうなそぶりになったり、横柄な感じになったりするのです。してみると、就活では謙虚な態度が大事なことには変わりませんが、その謙虚な態度というのは、日頃の実力を磨くことや、一つひとつの仕事を完結することや、自らを省みる習慣を持つことなどから来るので、ここが大切なポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *