デジタコと気になる価格について

車に関する業界で、近年「デジタコ」という言葉をよく耳にします。これは何のことなのでしょうか。デジタルタコグラフのことを通称「デジタコ」と呼んでいます。その役割を簡単に説明すると、運行記録器です。

自動車運転時の走行時間・速度・走行距離などの情報を記録するデジタル式の記録計を意味しています。これまではアナログ式だったので、アナログタコグラフでしたが、これにはない特長がデジタコには備わり、安全運転の向上・交通事故の軽減・ドライバーの業務管理に役立ちます。国土交通省では増加する一途の事故を防止するため、自動車運送事業者を対象にデジタコの義務化を進めてきました。デジタコの価格には幅がありますが、最安の商品で5万円台、平均値は18万円といったところです。

具体的に見てみると、5万円台の価格のものは、機械に弱い人でも簡単に操作できるような作りで、必要な機能は揃っているというタイプです。一方、価格が18万円くらいになると、ドライブレコーダーと一体化していたり、クラウドと連携できたりします。自由なカスタマイズも可能で、運転日報の帳票機能の精度が高いところも選ばれる理由となっています。価格が30万円を超えると機能は多彩で、ドライブレコーダーが高画質のデジタルカメラとアナログカメラを使い分けて記録したりします。

導入する側にとっては、1台ということはなく複数台を購入しなければならないので負担が大きく大変です。その支援のために国土交通省では補助金の施策があり、各地のトラック協会にも助成金があったりするので利用するのがおすすめです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*