クラウドタイプのデジタコの価格について

デジタコには法定3原則の取得に特化しているシンプルな製品、簡単に運行管理ができてワンタッチ操作でボタンを押すだけで使える製品などはデジタコが初めの人も簡単に使えるエントリーモデルといえましょう。価格的にもシンプル機能のみになっているため安いといったメリットがありますが、機能的にもう少し欲しいといった場合には標準機種タイプがおすすめです。標準機種タイプは、シンプル機能にプラスアルファの機能が備わっているもの、複雑な機能は要らないけれども帳票に役立てることができる、ドライブレコーダーと連動ができたり日報などに役立てられる機能が備わっているタイプです。これは複雑な管理はしないけれども3原則の取得だけでは物足りない人などに最適な製品、価格はシンプルタイプよりも高くなりますが、管理工数を削減できるなどのメリットがあります。

最近のデジタコの中にはネットワークに接続して、リアルタイムに運行管理ができる製品も登場しています。ネットワークの中にはクラウドタイプも含まれていて、自社内に専用のサーバーがなくても利用ができますし、クラウドの場合は専用のソフトウェアがパソコン内になくてもサーバーに接続するだけで利用できるタイプです。デジタコの中では価格は最上位になるイメージを持つ人も多いかと思われますが、記録先がクラウドであり利用可能な機能が少ないデジタコを選べば価格を抑えることもできますので、ネットなどで情報収集すると良いでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*