デジタコは義務化対応におすすめ

一定の事業用のトラックには、運行記録用計器を取り付けることが義務付けられています。そのような中、近年はデジタコが義務化されたタコグラフを設置するために選ばれることが多くなっています。運行時間や速度の変化を記録することができる運行記録計のなかでも、特にデジタル式のもののことでアナログ式のものに比べると様々な情報を取得することができるという高い機能を持つタコグラフです。今でもアナログ式のものを設置しても良いとされてはいますが、デジタコは義務化に対応するために今タコグラフを設置するなら多くの人が選ぶものとなっています。

デジタル式であるため、でデータはメモリーカードやクラウドに記録することができるようになっています。車の稼働状況をアナログ式のタコグラフよりも詳しく知ることができ、GPSによって位置情報まで知ることが可能です。急加速・急減速からエンジンの回転数、さらにはドアの開閉回数までチェックする事ができるほど機能が満載となっています。アナタコかデジタコは義務化のために取り付けなくてはなりませんが、価格が気になるという人もいるかもしれません。

できるだけ費用を抑えたいと考える場合もあるものです。デジタル式で高機能なものというと高額に思われるかも知れませんが、実はアナログ式の運行記録計と変わらない程度の価格で売られているものもあります。それでもデジタル式のタコグラフに求められる一般的な機能は揃っていて、操作しやすいです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*