デジタコで義務化に対応

デジタコは義務化されたタコグラフをこれから設置する、という場合にお勧めです。というのも運行記録計にはアナログ式のものもありますが、今の時代ではデジタル化の流れとなっているからです。新しく登場しているタコグラフは一般的にデジタル式のもので、様々な製品があります。価格もアナログタコグラフと同じようなものから、その何倍もするものまで幅広くあり品数が豊富です。

このようなことから、現代ではデジタコは義務化されている運行記録計の設置をするなら、一番の選択肢となるでしょう。デジタコが義務化されたのは、道路の安全を確保するためという目的でした。ドライバーが時間外勤務をしたり長時間運転をし続けることができる勤務環境では、安全な運転ができなくなってもおかしくありません。事故を起こしかねない状態で運転している状況を改善させるために役立つのがタコグラフだったということです。

デジタコが義務化されたことで、運転手の安全運転への意識が高まるというメリットがあります。管理者にとってもデジタルタコグラフのデータを活用することで労働環境を知ることができたり、安全な運転をするように指導したりすることが簡単にできるようになりました。デジタコは義務化された運行記録計を設置する際の選択肢の1つではありますが、これからアナログ式のタコグラフを選ぶというケースはあまり多くないでしょう。機能が高く簡単に使えるため、デジタル式のものがお勧めです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*