クラウド型デジタコは海外でも使用される

クラウド型デジタコは、日本国内だけで使用されているのでしょうか?基本的に日本の走行時速度・距離・時間を計測し、データ化するための業務支援システムである以上、日本国内だけで使用されることが圧倒的に多いです。しかし、日本国外で使用されている例もわずかながら存在します。海外で使用される場合、走行時速度・距離・時間を計測するのは、ドライバーの労働時間を適切に管理するだけではありません。海外ではドライバーの運転スキルや労働環境ではなく勤怠状況の悪化に悩んでいたため、やむを得ず導入した記録が残っています。

業務中にさぼるだけではなく、営業車両の横流し、燃料を抜き取って転売するなども珍しくない状況であったことから、あえてクラウド型デジタコを導入しました。クラウド型デジタコの特徴であるリアルタイムで各社の情報共有を可能とすることで、業務遂行率の低いドライバーを首にし、適切に勤務するドライバーを残すことが可能となりました。國によって導入する理由は様々ですが、日本国内外で使用することで、より営業効率を高め、自社の業績アップにつなげることが可能となるシステムであることは事実です。これから導入を検討する場合、クラウド型デジタコは様々な面で良い影響をもたらすと確信できます。

導入するうえでポイントとされている機能を把握し、適切に管理・対応する社員を内勤で常駐させることも、データを効率よく管理することにつながるでしょう。クラウドやデジタコのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*