デジタコでクラウドを利用するメリット

近年のデジタコは様々な機能が備わっているものが多いのが特徴であり、これを効果的に利用することによって従来にはない高度な運行管理を行うことができるようになっています。しかしこれらの情報を全て本体に格納しようとするとメモリ容量が非常に多く必要になってしまうため、本体の大きさが非常に大きくなったり、また価格が高額になってしまうことも少なくありません。さらに取り扱う情報の中にはリアルタイムで利用して初めて効果が生まれるものもあるため、単なる記録だけでは効率的に利用することができないものも多いのが特徴です。この問題を解決するために有効に利用されているのが、クラウドシステムとの連携を行う方法です。

デジタコのクラウドシステムは、デジタコ本体に通信機能を搭載し、運行中にリアルタイムで取得したデータをクラウドシステムに送信することで、そのデータを外部からアクセス可能にすると言う利便性があります。また、クラウドシステムではこれらのデータを利用しやすいように編集し加工したり、また必要な形で分類整理を行う機能が備わっているものも多いため、運行管理者はアクセスをするだけで簡単にその情報を見やすい形で取り出すことができるのが特徴となっています。近年では映像記録のような非常に容量の大きい情報を取り扱うことができるデジタコも増えており、これらは様々な状況を確認して適切な判断をする上で非常に重要な情報となります。これらを効率的に利用することができるのが、クラウドシステムを利用したデジタコのメリットとなっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*