デジタコのクラウド利用で高度な運行管理を実現

デジタコには様々な機能が網羅されているものが多く、これらはその利用の方法によっては効果的な運行管理を実現することができるものとなっています。しかし一般的には本体のメモリの中にすべての情報が格納されることになっており、これらの機能ごとの情報を効率的に利用するためには自らシステム内部で様々な関連付けを行い、その相関性を確認することができるようにしなければなりません。このシステムを構築する事は企業にとって実際には非常に大きな負担となり、また日々の運行管理を行う上で専門的な知識を必要とすることになります。従って、取得することができるデータ量が多くても、これらを効率的に管理するためのシステムを準備しなければ、そのメリットを十分に生かせないものとなっていました。

デジタコのクラウドはこれらの機能をあらかじめ準備し、利用することができるようにした画期的なものとなっています。例えばタコグラフ情報と連動したカメラによる走行状態の映像情報を関連付けることで、速度が低下した場合の周辺の状況などを確認することができます。このような情報を日々分析することにより、時間帯による渋滞の予測や運行経路の見直しなどに必要な情報を確実に得ることができるのがポイントです。デジタコのクラウドはその他にも様々な統計情報を提示していることが多く、そのためにいろいろな情報を共有することができるのもポイントとなっています。

最近では複数の車両に搭載された情報を集計し、これをもとに様々な予測情報を運転者に伝えることができる機能を網羅しているものもあるため、効率的に利用することによってクラウドならではのメリットを十分に生かすことができるのがポイントです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*