クラウド型デジタコは何ができるか

クラウド型デジタコは運行状況をリアルタイムで確認できるだけではなく、様々な機能が搭載されていることを知っていますか。知っているだけ経費節減につながるだけでなく、労働環境の健全化に大きく役立つでしょう。基本的に製造したメーカーによってできる機能は異なりますが、免許証リーダーがあるクラウド型デジタコは多いです。免許証リーダーとは、免許証不携帯を防ぐため、デジタコに免許証を読ませる機能で、運転手は機械に免許証をかざすだけでドライバーの確認をすることができます。

免許証不携帯によって切符を着られるようなことがなく、安全に運行するうえで重要な機能です。また、アルコールチェッカーやドアセンサーなどをオプションで付けられる機種は存在しています。導入するうえでアルコールチェッカーがあると、運転手の飲酒運転を防ぐことができるため、導入する企業は少なくありません。機種によっては無線通話がついている物もあるため、携帯だけでなく無線で連絡を取り合ったほうが効率よく運行できる場合には利用したほうが効率よいといえます。

クラウド型デジタコのデータと無線通話を活用してドライバーの所在確認や、指示などを行うことが可能です。万が一事故を起こした時にも状況判断を効率よく行うことが可能となるため、利便性の高い機能といえます。これから導入を検討する企業の場合、機能を適切に理解してから導入したほうが効率よく業務支援を実現できるため、各メーカーから情報を得ることが必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*