クラウド型デジタコの料金は

クラウド型デジタコの価格は、いったいどれくらいなのでしょうか。もちろんリースや買取など多彩な料金の形はあるため、どれくらいの金額を用意したらいいのかは、あくまで目安にしかすぎません。基本的に本体価格と、クラウドやインターネットの月額使用料がかかることを理解して導入することが望ましいといえます。基本的に本体価格としては20万円から30万円程度の金額で、それ以外にクラウド及びインターネット回線の利用料金がかかるため、それらはプロバイダーやクラウド運用会社に確認することが必要です。

ただし、インターネットやクラウドを通常の業務で使用している場合には、経費として計上可能となっている為、利用料金は割安と考える企業もあります。リーズナブルな価格で本体を導入すると、SDカードリーダーがなければ運行状況を確認できないタイプを購入する可能性があるため、デジタコの機能を確認してから導入することが望ましいです。導入するうえで重要なのは、どんな機能がデジタコにあるのか、毎月の維持費としてインターネットなどの諸経費を計算するのかだといえます。多くの企業の場合はインターネットなどを使って業務を行っていることが多い為、それほど負担を感じないといいますが、使用していない場合には大きな負担となることを理解してください。

とはいえ、インターネットを通じて運行状況を確認できること、健全な労働環境を実現できることを考えれば、決して高くない買い物といえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*