クラウドデジタコを導入するメリット

デジタコとはデジタルタコメーターの事です。車両の運行状況を記録できるので、事業者が導入すれば運転手の運転経路などを管理できますし、膨大な記録を集めればそのデータから傾向を分析してより最適な運行経路の割り出しなどが可能です。これによって業務の効率化を実現できて従業員の負担の軽減や企業としての利益率の改善など、様々な活用方法があります。クラウドデジタコの場合はデータがデバイスに記録されるのではなく、クラウド上に保存されていく事になります。

そのためデバイス側の紛失や故障などがあっても、データが失われる事がありません。全ての車両の記録を一括して管理や分析しようとしても、データを集めるのが大変です。一方でクラウド管理されていれば簡単に他のデバイスからアクセスして、記録を確認できるのでデータの取り扱いがしやすいです。バックアップという面でも従来型よりも簡単なので、万が一の事があっても記録が守られます。

デジタコは従来型ではリアルタイムで運行状況を事務所で一括して管理するような事はできません。しかしクラウド管理ならば車両が外にいる時でも、事務所からネット回線とデバイスさえあればいつでもリアルタイムで運行状況の把握が可能になります。データを扱う上で情報漏洩は大きな問題ですが、クラウドデジタコに変更すると各営業所からの情報漏洩などの心配も減りますし、コスト的にも費用対効果が高くて非常にコストパフォーマンスが良いです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*