デジタコにもクラウド

クラウドという言葉を耳にする機会が増えていると言えます。さまざまなシステムがクラウドとして提供されていて、広く利用されています。クラウドなら専用のサーバーやネットワーク機器を準備する必要がありません。サービス提供側が準備しているものを利用することになります。

サービスを利用している方々と共有することになりますが、セキュリティ対策も万全で、他からデータを閲覧されるようなことはありません。また、運用や保守に関する作業も行ってくれるので、専門的な知識を持つ社員がいなくても安心して利用できます。デジタコにおいてもクラウドとして提供されているものが増えています。従来の運行データはデジタコ本体に保存されていて、そのデータをSDカードなどに保存して利用するのが一般的なスタイルです。

このような操作はドライバーが行うことが多いです。長時間の運転後のこの作業は面倒に思う方も多いことでしょう。しかし、クラウドなら運行データはサーバーに保存されます。そのため、ドライバーは運行データの保存に関する作業を行う必要がなくなります。

このことはそれ以外のメリットももたらします。デジタコのデータがリアルタイムで確認できるようになるため、管理者は運行状況をリアルタイムで把握できるようになります。無理な運転をしているようであれば、休憩することをうながし、事故の発生を抑制することにつなげることも可能です。ドライバーの日報もシステムから簡単に出力できる機能も備わっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*