安全運転に役立つデジタルタコグラフ

法定速度を守って運転しているか・休憩時間は取っているかなどを把握するのに役立つデジタルタコグラフはドライバーの稼働状況を管理して、安全な運転をするのに役立てられるアイテムです。運行している時間や速度などを記録することができ、もし事故やトラブルがおこったときには分析をするための情報として使われることもあります。デジタルタコグラフをはじめとした運行記録計が一部の事業用車両に装着が義務付けられているのには、ドライバーの長時間勤務の問題がありました。トラックドライバーが連続して運転をし続けなくてはならない状況だと、道路の安全が脅かされる可能性があるからです。

義務があるのに装着していなかったり、正常に記録できない状態だった場合には処分の対象となってしまいます。デジタルタコグラフには様々な製品があり、手頃な価格のものはシンプルながら欲しい機能がすべてそろっています。機能が絞られているので、機械に詳しくない人でも分かりやすいのも魅力です。一方で高機能な製品もあり、最新式のデジタルタコグラフにはクラウドを活用したものもあります。

クラウドを用いたタコグラフは、データをオンラインで保管できるのが魅力です。そのため遠隔地からでも情報を確認することができるようになっています。カードにデータを記録する製品では、車が戻ってこなくては記録した情報を確認することが出来ませんでした。しかしクラウドならリアルタイムで指示を出すことも可能で、安全運転に役立ちます。

デジタルタコグラフのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*