デジタルタコグラフの特徴と導入メリットとは

導入義務化の拡大とともにその注目度がますます高まっている存在にデジタルタコグラフ、通称デジタコがあります。そんなデジタルタコグラフの歴史はそれほど古いものではありません。実用化されたのは1998年のことであり、それ以前はアナタコと呼ばれるアナログタイプのタコグラフが盛んに使われていました。ただし、アナタコの場合計測データは円グラフでの表示であり、ぱっと見てもその内容を一般人が理解することはできませんでした。

解析には専門知識が必要であり、なかなかその情報を有効活用しきれていないケースも多かったと言われています。一方で、デジタルタコグラフで記録したデータ内容の解析には一切専門知識は必要ありません。事前に解析ソフトの導入やシステムの構築さえしてしまえば、記録内容は誰が見てもわかる文字や数値、さらには線グラフなどで表示することができるためです。そのため、データ確認や集計の労力をその導入は大幅に削減してくれる効果をもたらしてくれます。

また、そのような詳細なデータが取れる一方で、ドライバーがすべきことも非常にシンプルです。単にデータを記録するのにつかうメモリーカードを挿入し、業務が完了したら取り出せば良いためです。加えて、アナログタイプのものに比べてデータ改ざんへの抵抗力が高くなっている点もその導入にあたってのメリットと言えます。ドライバーにとっても管理者にとってもそのデジタル化は良い効果を多くもたらしてくれています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*