労働環境が分かるデジタルタコグラフ

アナログタコグラフでは記録することが出来なかった、様々な情報を記録できるデジタルタコグラフは現在主流の運行記録計です。車両を運転しているときの速度や時間・距離などを、メモリーカードなどに記録することができます。GPSを使用して位置情報も取得することができ、さらにエンジンの回転数やドアの開閉回数などまで分かってしまいます。そのためデジタルタコグラフに記録したデータを解析すれば、労働環境も知ることができるでしょう。

もしドライバーが法定速度を守っておらず危険な運転をしていることが分かったら指導することができ、安全な運転をするように促すことができます。長時間運転していることが分かった場合にも、危険が稼働状況にならないように対応することが可能です。様々な情報が得られるデジタルタコグラフが設置されていれば、ドライバーも人目を意識して運転するようになります。その一方で運転する人にとっては、見張られているような気持ちになることもあるかも知れません。

しかし長時間労働によるリスクある運転をすることを避けることができ、結果としては、メリットがあります。デジタルタコグラフやアナログタコグラフは、一部の事業用のトラックには装着が義務付けられています。その目的は、長時間に渡って運転することによる事故のリスクを減らすことです。集中力を必要とする大変な仕事であるうえ、連続勤務することになると事故の危険性がたかまってしまうからです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*