デジタルタコグラフを使用するメリット

運行記録計は車を運転しているときの速度や距離、エンジン回転数などを記録できる装置です。デジタルタコグラフやアナログタコグラフがありますが、近年主流になっているのはメモリーカードにデータを記録することができるデジタル式のものです。デジタル式の運行記録計は、アナログ式のものと比較すると様々な点で進歩しています。これから運行記録計を選ぶときには、デジタルタコグラフを選んだほうが多くのメリットがあるためお勧めです。

アナログタコグラフは、円形のチャート紙に速度計に連動する針によって情報を記録するようになっていました。しかしチャート紙に記録された情報を読み取ることは難しく、記録できる情報もデジタル式のものと比較すると少ないです。もちろん必ずしもデジタルタコグラフを装着しなくてはならないというものではありません。一定のサイズの事業用のトラックには装着義務がある場合もありますが、その場合もアナログ式でもデジタル式でも良いとされています。

今でもアナログ式のものは使われてもいます。しかしアナタコでは記録できなかった情報が記録できたり、データを読み取るのが簡単だったりといったメリットがあるのでこれから導入する必要があるときにはデジタル式のものがおすすめです。さらに最近ではデータをクラウドで保管することが出来るタイプのデジタルタコグラフもあります。これはリアルタイムで情報を確認できたり、車が帰社しなくてもデータを確認できるというメリットがあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*