デジタルタコグラフの特徴と魅力

デジタルタコグラフは車を運転していたときのスピードや走行時間、走行距離などを記録するための装置です。情報はメモリーカードに記録するものが多いですが、クラウドに記録するタイプのものもあります。運行記録計にはアナログ式のものもあり、かつてはアナログタコグラフが使われていましたが現在はデジタル式のものに変わってきています。アナログタコグラフと比較すると、デジタル式のものの方が記録できる情報の種類が多いのが特徴です。

さらに運行記録を印刷すれば、日報の作成が簡単であるため、業務の負担が軽くなるというメリットもあります。加えて情報の解析しやすさにおいても、デジタルタコグラフのほうが優れているのです。このようなことから、今の時代ではデジタル式のものが主流となっています。デジタルタコグラフはそれぞれの製品によって機能に違いがあり、価格の幅も広いです。

リーズナブルな価格の製品は比較的シンプルですが、タコグラフとして必要な機能は揃っています。シンプルな造りであれば操作もそれだけ簡単であるため、機械に疎い人でも使いやすいです。また小型の製品は、あまり多くの場所も取らないという点でも便利でしょう。一方で、多くの機能を持つ最新式のデジタルタコグラフの場合には、価格もそれなりに高くなります。

しかし管理者がリアルタイムで確認できたり見やすい大き目なサイズ液晶画面がついていたりと、より便利なアイテムとなっています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*