取り付けるべきドライブレコーダーの種類

ドライブレコーダーは自動車など運転中の状況を撮影するための機材で、多くの自動車に搭載されるようになっています。安価なものであれば数千円程度で手に入れることができるようになっていますが、より高機能なものであれば10万円以上するものも存在します。高機能なものの特徴としてはより高画質で長時間の録画ができることや、全方向の撮影が可能であると言ったことなどその記録できる情報量の多さがメリットです。しかし安価なものでも十分な画質のドライブレコーダーが増えており、情報を記録するという点ではこれらを取り付けるだけでも十分な効果を発揮します。

ドライブレコーダーの大雑把な種類としては一方向のみの撮影をするものと、カメラを増やして前と後の撮影をすることができるもの、また車内を含めて魚眼レンズで360度撮影できるものなどがあります。また後方を確認するときに利用できるものもあって、このような場合にはルームミラーに取り付けることでバックする際の目安になるものです。ただドライブレコーダーは後付で行うものがほとんどですから設置をする時には、車内の位置関係から十分な範囲を撮影することができる場所に取り付けなければなりませんし、走行中に邪魔にならないものでなければなりません。メーカーによっても画質や録画したデータの閲覧方法に違いがあるため取り付ける車に合わせて、ニーズにマッチしたドライブレコーダーを選ぶ必要があるものです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*