ドライブレコーダーを購入時にチェックすべきポイント

近年高い人気を集めているドライブレコーダーではありますが、その購入にあたっては事前にいくつかのポイントをおさえておく必要があります。それらポイントを知らずに購入してしまうと、思っていた効果を得られなくなってしまうかもしれません。ぜひその購入を検討している人は、それらポイントをまずは確認しましょう。まず確認すべきポイントとしては、解像度や画素数があげられます。

これは、いざというときに証拠としてドライブレコーダーが録画していた映像が使えるかどうかは解像度と画素数によって決まるためです。その際には解像度がフルHDで画素数が200万画素以上なら、キレイな画像を残せて安心です。また、レンズ画角はできるだけ広いドライブレコーダーを選ぶのが良いでしょう。これは、撮影できる画角が広ければ広いほど安心度が増すためです。

特に、重要なのは横の撮影範囲である水平画角です。一方で、この水平画角はドライブレコーダーを製造しているメーカーによって平均値のばらつきが大きい点には注意しましょう。目安としては108度以上、できれば120度以上のものを選べば間違いありません。加えて、駐車監視機能付きのものを選ぶのがおすすめです。

車を持っている人の多くが駐車場に停めている間に車を傷つけられた。そのような経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか。そのようなときでも駐車監視機能がついていれば泣き寝入りせずに済みます。駐車場をよく利用する人には必須機能と言えます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*