DIY作業でも簡単設置ができるドライブレコーダー

多くの方がドライブレコーダーをマイカーに取り付けたくても、購入額と工賃が高額になってしまうことで、カー用品店に行っても購入に至らない方も少なくはありません。カー用品店で工賃が高い理由は、フロントとリアカメラを取り付ける際に、配線コードの処理を綺麗に仕上げるために時間が掛かってしまうこともあげられます。実際には、ドライブレコーダーはDIYでも簡単に取り付けを行うことができるので、手順等を前もって把握しておくと、低料金で済ませられます。まずは機種選びですが、実店舗よりもネット通販の方が安く購入できる機種が揃っています。

事例をあげると6、000円から8、000円程度で前後カメラ付きの機種でも探すことはでき、ネット通販の場合は口コミを掲載しているので、評価の高い機種を選べば問題はありません。肝心な取り付け方法ですが、ドライブレコーダーはシガーソケットから電源を取る機種が圧倒的に多いので、マイカーにソケットがあれば差し込むだけで使えます。もしもシガーソケットが無い自動車の場合は、別売り品でヒューズボックスから電源を取り、シガーソケットを増設できるキットがあるのでこの作業も簡単です。後は配線コードの問題ですが、フロント天井の内張をプラ製のヘラなどで少し隙間を設けた上で配線コードを隠していく手順だけなので難しい作業ではありません。

リア側へと配線コードを通す場合は、同じように天井の内張り内に隠す方法、若しくは車内の床面を使う方法でも問題なく作業は行えます。断線しないようにマットの下に這わせたり、見える部分には配線用クリップを使う方法であれば問題もクリアできます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*