予算や用途を考慮してデジタコを選びましょう

デジタコとはデジタルタコグラフを省略したもので法定3要素である速度と時間、距離をデジタルデータとして保存します。タコグラフは運行記録計とも呼ばれており、以前は紙のチャートに記録するアナログ式が使われていましたが現在はデジタル式が普及しています。デジタコにはデータの保存方法によって通信型やクラウド型と呼ばれるタイプと、カード型やローカル型と呼ばれるタイプが存在します。データの管理やドライバーへの指示などを効率的に行うことができる通信型が人気です。

カード型は車載器にSDカードなどの記録媒体が挿入されていて、走行中のデータが保存されます。このタイプは後から事業主にデータを持ち帰り、パソコンの専用ソフトで取り出さなければなりません。データの処理に手間がかかるだけでなく、車両の現在位置が分からないためリアルタイムでドライバーに指示を出すことができないというデメリットが存在します。通信型は車載器にSIMカードが内蔵されており、常に通信を行ってデータを保存するので運行管理担当者が車両の位置を確認できます。

後から事業所にデータを持ち帰ってパソコンで処理する必要もありません。より効率的な運行管理やドライバーの労務管理を行いたいのであれば、通信型のデジタコを導入するとよいでしょう。市販されているデジタコには様々なものがあり、価格帯や機能性にも違いが存在します。予算や用途を考慮して、条件に合ったデジタコを選ぶことが大切です。

デジタコのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*