事業用トラックの運行管理にはデジタコが効果的です

事業用トラックを運用しているのであれば、運行管理やドライバーの労務管理にデジタコを活用するとよいでしょう。日本では車両総重量が7トン以上、または最大積載量が4トン以上の事業用トラックにデジタコの装着が義務付けられています。しかしドライバーや運行管理担当者の負担を軽減し、事故の発生を未然に防ぐためにもなるべく全ての車両に装着するのが理想的です。デジタコはデータの保存方式によって通信型とカード型の2種類に分類できます。

運行管理や労務管理を適切に行いたいのであれば、常に車載器が通信を行っている通信型がおすすめです。市販されているデジタコには様々なものがあり、価格や機能性にも違いが存在します。法定3要素である速度と時間、距離を記録する基本的な機能はどれも同じです。しかし簡単な運行管理機能だけを備えたタイプもあれば、ドライブレコーダーと連携するなど様々な機能を備えたタイプもあります。

通信型はクラウド型とも呼ばれており、SIMカードを内蔵した車載器が常に通信を行っているので運行管理担当者が車両の現在位置を把握できます。カード型はローカル型とも呼ばれ、車載器に搭載されたSDカードなどの記録媒体にデータが保存されます。運行管理や労務管理を主な目的とするのであれば、運行管理担当者が車両の現在位置を把握して的確な指示を出すことができる通信型を選ぶとよいでしょう。デジタコには様々なタイプがあり、目的に合ったものを選べば業務の効率化に役立ちます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*