デジタコの導入で運転の安全性が向上する

トラックの安全運転を実現する意味でも、タコグラフはとても重要なものです。特に、近年で人気を集めているのがデジタコと呼ばれている製品です。普通のタコグラフは、走行状況を記録して分析をするためにチャート紙を準備しなくてはいけませんでした。記録するのはもちろんですが、それを保存して管理していくこともとても面倒で、なかなか想定していたような使い方をすることができなかったという背景があります。

実際に、アナログのタコグラフは手動でデータを管理しなくてはいけなかったので、時間もコストも必要でした。この点、デジタコではこのようなことがなく非常に便利に使えます。デジタコの大きな利点は、初めてその機能を利用するドライバーであっても簡単に利用し続けることができる点です。これは、システム上の自動で情報を収集して整理できる機能が搭載されているからです。

しかも、リアルタイムで情報を管理できるようになっていますので、ドライバーが現状でどういった行動をしているのかを一瞬で把握することが可能です。元々、タコグラフはドライバーの運転状況を管理して安全に労働ができるように導入されるものであるので、デジタコはこれを満たすことができてとても利用価値が高いものです。低価でも導入できるため、事業者にとってメリットは大きいです。デジタルだからといって使いづらいというわけではなく、高齢のドライバーでも容易に使うことが可能であるためその点もメリットです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*