労働の安全を守れるデジタコのメリット

事業者にとって、労働者の安全や会社の信用を守る意味でもデジタコはとても魅力です。しかも、一度に大量に導入したとしても大きなコストが必要にならない利点が存在します。トラックの運転状況を記録できるタコグラフは、デジタル式になって様々な製品が提供されています。その中でも、特に利用しやすいと考えられているのが機能が豊富であると考えられている点です。

確かに、多機能の製品は高齢のドライバーなどでは利用しづらいと考えられてしまうこともありますが、使いやすい単機能のモノも提供されています。デジタコの良い点は、簡単なボタン操作だけで状況を記録することができる点にあります。機能が豊富なのに、簡単な操作で使うことができるのでとても評価が高いです。事業者にとって、ドライバーの労働環境の安全性を確保するために導入するタコグラフに、非協力的なドライバーが付いてしまうと意味がありません。

実際に、アナログ式のタコグラフはチャート紙を利用しないといけませんでしたので、負担を避けたい非協力的なドライバーだとそれを提出してくれなかったという背景もあります。この点、デジタコはドライバー側の負担を軽減することができますので、初めて利用する場合であっても全く問題ありません。中には、直接的にデータを送って保存することができるものも存在します。安いものであれば、わずか3万円未満で導入できるものもありますので、コスト面でも非常に有利だといえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*