安全と業務効率の改善に役立つデジタコ

タコグラフの導入は、トラック事業を行っている会社にとって必須です。特に、近年ではネットワーク技術などを利用したデジタコが主流となっており、単純な機能だけではなく他の機能と連携をしながらより良い環境を提供できるようになっています。例えば、デジタコは位置情報を特定して現状のどの地点にドライバーが存在するのかなどを簡単に確認できます。トラック運転手は、会社から離れた場所で業務を行うことが普通です。

運転状況なども常に確認できるわけではなく、だからこそどういった労働環境で業務を遂行しているのかがとても重要です。従来までのタコグラフでは、こういった点がわからなかったのですがデジタコでは把握することが可能です。また、こういったデジタコの魅力はコスト面にもあります。事業者にとって、大量に導入できる製品はコスト面でも重要です。

この点、デジタコには色々な製品が存在しますので、単機能で利用できるものについてはわずか2万円から3万円程度のコストで購入できます。全てのトラックに導入したとしても大きな出費にはなりませんので、機能や事業の規模に応じて性能面を使い分けることができるのも魅力です。実際に、高性能なものを購入した場合には、それに見合った活躍を期待できます。位置情報の機能を利用して、リアルタイムでトラックの走行状況を送ることもできますので、非常に簡単にデータを管理できるようになりますので業務効率が大幅に改善します。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*